キトー君とムケル君の違いを徹底比較!効果・価格・使い方など

キトー君とムケル君の違い

キトー君の類似品包茎改善グッズに、「ムケルくん」があります。

パッと見た感じだとだいたい同じに見えるこの2種類ですが、しっかり比較していくと小さな違いがあり、その小さな違いには効果の差に大きく影響してきます。

このページでは、キトー君とムケル君の違い(形状・価格・使い方など)を比較していきます。

キトー君とムケル君の違い一覧表

まずは、一見して比較がしやすいように、キトー君と類似品であるムケル君の違いを表にしてみました。

後ほど、各項目についての詳しい説明を記載しております。

キトー君 ムケル君
形状
販売開始時期 2000年 2013年
価格 キトー君
9,800円キトー君DX
(ストッパー付)
12,800円
ムケル君
(ストッパー付)
12,800円
ストッパーの
形状
ストッパーの
調整幅
0.6〜4cmまで
14段階で調整可能
0〜4.3cmまで
自由に調整可能
操作性 片手で簡単操作 両手でダイヤルを回して調整
保証期間 制限なし 購入から半年以内

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

キトー君の使い方を動画を使ってわかりやすく説明!コツや効果的な方法
包茎改善グッズ「キトー君」の使い方を動画を使って簡単に説明します。通常盤とストッパー付きキトー君DXとの違いやカントン包茎への効果も説明。コツや使用方法、正しい使い方と効果的な使い方やうまく使えない時の対処法を解説。固定する方法や難しい方向けのやり方、限界まで広げ方や最大広がるセンチも紹介。平常時のコツやステロイドを使ったスムーズな入れ方も紹介
キトー君を使ってみた!真性包茎と1ヵ月間の戦いブログ
長年悩んできた真性包茎持ちがキトー君を使ってみた体験談ブログを記します。2chやテレビでの評判ではなく実際に使用した感想や剥けた後の結果をお伝えします。1ヶ月使ってみた感想やキトー君の商品レビューと期待していた結果の成功を得られたのかなど、リアルな日記です。お風呂の中で使うのか、お風呂上がりに使うのかなどキトー君の購入から使用経過状況から結果まで

キトー君とムケル君の違いについて解説

それでは、先ほど一覧表にて比較をしたキトー君とムケル君の違いについて、ひとつづつ違いを見ていきましょう。

形状

全体の形状としては同じです。

キトー君もムケル君も、どちらの商品もグリップを握ることで先端が開き、皮の口を引っ張ることで包茎を改善させるといった仕様になっています。

ストッパー部分に少し違いがあるので、すぐこの後に説明しています。

販売開始時期

キトー君は約21年前の2000年に販売開始しています。

対して、ムケル君は2013年の発売です。

販売実績の長さでは、キトー君の方が長年に渡って愛されています。

キトー君を使ってみた!真性包茎と1ヵ月間の戦いブログ
長年悩んできた真性包茎持ちがキトー君を使ってみた体験談ブログを記します。2chやテレビでの評判ではなく実際に使用した感想や剥けた後の結果をお伝えします。1ヶ月使ってみた感想やキトー君の商品レビューと期待していた結果の成功を得られたのかなど、リアルな日記です。お風呂の中で使うのか、お風呂上がりに使うのかなどキトー君の購入から使用経過状況から結果まで

販売価格

料金比較

販売価格は、ストッパー付きのキトー君DXとムケル君(ストッパー付き)が同価格で12,800円

ストッパーなしのキトー君が9,800円と最安値です。

しかし、各個人のお財布事情にもよりますが、キトー君より少し高くても私はキトー君DXをオススメします。
(※キトー君を購入する人の中でも約99%以上がキトー君DXを購入しています)

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

キトー君は実は全く効果なし!?利用者のリアルな口コミから徹底検証
キトー君の口コミレビューや評判についてまとめました。悪い口コミや良い口コミ、キトー君のメリットやデメリット、病院で包茎手術をした場合の比較など徹底調査しています。キトー君は効果なし、キトー君では剥けないなどの悪い評判についても解説しています。包茎改善グッズとして評価の高いキトー君のリアルな口コミを紹介します。

ストッパーの形状と操作性

キトー君DXとムケル君のストッパーの仕様を比較してみます。

キトー君 ムケル君

調節幅の比較

比較項目 キトー君 ムケル君
調節できる幅 0.6~4cm
(14段階)
0~4.3cm
(ダイヤル調整で自由)

キトー君は、14段階に調節することができて片手でグリップを握ってちょうどよいところで話せばそのまま固定される仕様になっています。

調整できる幅は、0.6~4cm。

対してムケル君は、ダイヤル調整式になっている。ちょうど良い幅が決まったらそこまでダイヤルを回して調節して固定します。

調整できる幅は、0~4.3cm。

ストッパーの調節できる幅については、ムケル君の方が幅が広いです。

キトー君で十分に皮を限界まで引っ張ることができるので、0.6~4cmの調節幅があれば十分です。

固定する方法の比較

キトー君やムケル君は毎日使用するものなので、できるだけ手間が少ない方がストレスがなく途中で諦めずに継続することができる。

包茎手術なしで自力で真性包茎を改善するには、日々の努力なしではありえません。

幅の調整が面倒だと億劫になってしまい、継続に対しては邪魔でしかありません。

キトー君の方は、グリップを握って話すだけでその幅で固定されるので簡単です。

対してムケル君は、固定したい幅をグリップを握りながらキープした状態でダイヤルを回して固定しないといけません。

キープしながらダイヤルを回している間に幅が狭くなったり広くなったりするので調節が面倒です。

調整が手軽にできるのはキトー君でしょう。

商品の保証について

キトー君とムケル君の保証の違いについては、どちらも保証制度が用意されています。

キトー君もしくはムケル君を利用しても効果が感じられず、満足いかない場合はどちらも全額返金対応をしてくれる。さらに、包茎手術を受けたい場合は保険適応の包茎手術の場合のみ手術代金を負担してくれる

両者の違う点は、保証期間である。

キトー君が保証期間に制限を設けていないのに対して、ムケル君の保証期間は購入から半年間と有限であります。

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

キトー君とムケル君の違いまとめ

キトー君とムケル君の違いまとめ

キトー君とムケルくんの違いについて比較してきました。

キトー君とその類似品であるムケル君。この2つの商品はとても似ています。

見方によっては、最初に発売されたキトー君を参考にしてムケル君が開発されたという見方もできるかもしれません。

ただ、ムケル君もストッパー部分でキトー君とは違うオリジナリティを出してきています。

どちらも一長一短ですが、私の個人的にはキトー君をオススメします。

理由は、自分がキトー君を使って真性包茎を改善できたということが一番大きいですが、それ以外にもネットで調査する限りではキトー君の利用者の方が圧倒的に多く安心して利用できるからです。

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

キトー君を自作で代用して安く利用しよう!代用品のコストや効果は?
キトー君の代用品を自作で作ってみたらどうなるか検証してみました。自作と本物のメリットとデメリットの比較や実際にお金がどれくらいの金額で作ることができるのか、キトー君の代わりの自作代用品について解説。100均包茎リングやピンセットで手作りや割り箸やペンチ、綿棒などで自作可能か検証しました。実際作り方も紹介や手で引っ張る方法も。
タイトルとURLをコピーしました